FC2ブログ
先日、関与先へ行く途中に、姫街道を通りました

姫街道とは、江戸時代の東海道の脇道で、
厳しい関所や川越えなどの難所を避けるための道だったそうです

この姫街道には松並木があり、
江戸時代には旅人を楽しませ、夏は休息のための木陰となり、
冬は積雪を防いだといわれているのだとか

松_


しかし、近年では倒木や交通事故、落ち葉などによって
地域の方々に迷惑をかけることもあるのだそうです

たまに通る分には、すてきなのですが・・・・・



 
(増田)
スポンサーサイト



2010.07.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmacs.blog130.fc2.com/tb.php/36-9ed75201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)