上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
おはようございます、堀田です。

さていきなりクラブワールドカップの話ですが、
昨日はレイソル負けてしまいましたね。
残念!

ただ決して悪い内容ではなかったと思います。
それ以上にサントスがよかった、うまかったと
言うべき内容と順当な結果だったと思います。

昨日の3失点はいずれもJリーグでは考えられない
次元での失点ですからね。
もっと寄せていれば、壁をもう一人外側に置いて
いれば、、、と思うところですが、それをプレー中に
気付いて実行できるか否かが現時点での明確な
世界との差でしょう。

あとは、まぁ使い古された表現ですが、決定力不足
ですね。
特に後半の流れはよかったと思います。
あとはフィニッシュの精度、枠内に蹴ることです。

狙ったところに高い精度で確実に蹴る技術、これは
一朝一夕でどうこうなるものでもないですし、
ひとりふたりのスター選手ができるのではなく
選手全員が一定以上の水準でできる必要があると思うので
もう少し時間がかかりますね。


…と、少しサッカーにどっぷりな話になってしまいましたね、
すみません。

少し目線を引いて一般論に展開してみたいと思います。

いいサッカーというと、一般的にはたくさん点を取る
選手がイメージされます。

メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ペレやジーコ、
本田や香川もよくゴールを決める選手です。

が、サッカーは得点を取る選手だけで成り立つでしょうか?

もちろん答えはノーです。

キーパーがいて、自陣のゴール付近でボールを奪う選手がいて、
そのボールをストライカーへパスをする選手がいて、
はじめてストライカーは点を決めることができます。

各人がそれぞれに与えられた役割=職務を果たして、
チームが成り立ちます。
そしてその職務は、必ずしもボールを扱う場面で与え
られるとは限りません。
むしろボールを持たない時間の方が長いわけですから、
ボールのない時間にどれだけ貢献できるかが重要です。

これは私たちの仕事にも言えることで、会社の中で
得点を決める社員もいれば、彼らを後ろでサポートする
社員もいる。

そしてボールを持っている(=大きな仕事をしている)以外の
多くの時間に、どのような仕事をするかが重要となってきます。


私の場合、定期的にお客さんを訪問する場面があるのですが
訪問する瞬間が言わば”ボールを持っている瞬間”、
それ以外の下準備やアフターフォローの時間が”ボールを
持っていない時間”であり、この時間を有効に過ごすことで
自分がボールを持った時の成果が変わってくると思います。


(堀田)
スポンサーサイト
2011.12.15 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmacs.blog130.fc2.com/tb.php/205-e27ccb83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。