FC2ブログ
東北・関東は以前大変な状況が続いています。しかし、日常に戻ることも必要ですから少し肩の力を抜いた話題を書きます。

個人的な話ですが地元との経営者に誘われて今年から居合を始めました。

私は昔の剣豪の話が好きで、色々と本等を読んでいましたので興味はありました。
誘われたのもご縁と思い、稽古に通うことにしました。

もともと柔道や空手といった武道の経験がありましたが、さすがに怪我が困るので第一線でやることができません。

居合は一人稽古が基本ですし、高齢になっても続けられますので私にはうってつけのように思います。

歴史が長いため一つ一つの動作に非常に細かい理論があり、一回練習すると体よりも脳味噌が疲れてしまうといったタイプの武道です。


居合には居合刀が必要です。そこで先生のご縁がある刀屋さんで練習用の刀を作ってもらいました。もちろん真剣ではなく合金製です。



2011-03-24 _22.28.39


居合は刀を思い切り振りますので、重さのバランスが大事ですし、振った勢いで壊れても困ります。

ですから刃がついていない以外は限りなく本物の刀に近いものになります。
頼んでから2ヵ月半でやっとできあがってきました。

これまで先生からお借りした練習刀を使っていましたが、これからは自分の刀で練習できます。

背丈、手の長さ、手のひらの大きさなどを採寸し、腕の力等を加味して刀の寸法を決め、後は好みのデザインで仕上げてもらうといった注文の仕方です。私の体に合わせてありますので非常にしっくりと振ることができます。

江戸時代は刀の寸法が基本的に二尺三寸五分でしたが、現代人の私は二尺五寸です。昔の基準で言うとかなり長い刀の部類になります。刃も大きく重めにしてもらいました。

見た目は私の好みで地味な色中心にして武骨な仕上げにしてもらいました。つばのデザインも宮本武蔵考案の「武蔵つば」の変形です。



2011-03-24 _22.29.16


スポンサーサイト



2011.03.25 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tmacs.blog130.fc2.com/tb.php/113-31c19b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)